HUAWEI nova lite は価格も性能も見た目も満足!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『HUWEI nova lite』(ファーウェイ ノバ ライト)を買ってみました(ボク用じゃなくて子供用にだけど)。

限られた予算の中で、格安SIM(IIJ mio)と組み合わせて使うのに最適なスマホを探していて、気になったのがこの『HUWEI nova lite』。

コストパフォーマンス最高 nova lite

nova lite HUWEI

魅力だったのは何と言っても価格! 購入した価格は24,000円ほどとかなり安い。

前モデルのP9liteよりも安かったぐらい!?

もちろん価格だけじゃなそのスペックが素晴らしいのです(あくまで価格に対してだけどね)

・CPUはオクタコア(Kirin655/2.1GHzx4+1.7GHzx4)

・RAMは3GB

・ディスプレイは5.2インチ(1920×1080)

・カメラは背面1,200万画素/全面800万画素

・Android7.0

これだけ揃ってたら十分でしょ!

さらに、ガラス製の背面には指紋認証まで付いてます。これで2万円ちょっとというのは正直コストパフォーマンス高すぎです!

見た目もかなり良くてチープさは感じません。

nova lite

前面ガラスのエッジは曲面処理になってます。これが見た感じを良くしてるんだけど、保護用のガラスを貼る時にやっかい。

液晶ぴったりのガラスだと、端から1〜2mmほどガラスが浮いてしまうようです。

うちのはちょっと幅の狭いガラスを貼ったけど、曲面部分の保護がちょっと不安。フィルムタイプならカバー可能なものもありますね。

USB端子は従来のmicro USB Type Bです。上位機種のHUWEI novaはType Cとなってるようですが残念。

nova lite HUWEI

背面はガラス素材でかなり高級感を出してます。でもガラスなので落とすと背面も割れる可能性大(^^ゞ

だからなのか最初からケースが付属してきました。

nova lite HUWEI ケース

この右に写ってる半透明のが付属されてたケース。割れる可能性のある背面をカバーしてくれるのはうれしいけど、付けると当然のように質感は落ちます(笑)

ケースは好みのものを購入すればよいので、それが届くまでの非常用として子供は使ってました。



スポンサーリンク

SIMはNanoSIM

残念なのがSIMがNanoSIMだったこと。

nova lite ナノSIM

もっともこれは子供が前に使ってたのがMicroSIMだったからなので、新しく格安SIMを契約する人ははじめからNanoSIMを選択すればいいので問題なしです。

ちなみにうちはSIMカッターでのカットに成功(^^)v ※SIMのカットはこれまで2勝1敗です(^^ゞ

 

一応、SIMは2枚刺せるデュアルSIM対応だけど、SIMスロット2はmicroSDと兼用(T_T) ROMが16GBしかないのでmicroSDは必須なので、自然とシングルSIM仕様になりますね。

nova lite

海外に行った時には日本のSIM+現地SIMを刺して、通話は日本のSIM、データ通信は現地SIMとすると使いやすいんですが、nova liteではちょっと難しいかも。

この辺はZenfone Maxの方が便利がいいです。でも海外に行かない子供は全く気にしてないですが(笑)



スポンサーリンク

動作はけっこう軽くて電池長持ち

軽く触ってみただけですが、Zenfone Maxと比べると動作はかなり軽くて快適! まあZenfone Maxは化物なバッテリー容量だけが魅力なのでこれは妥当な所。

 

Zenfone Max3ヶ月使ってのレビュー『動きはちょい遅だけどバッテリー最強』

ちなみに価格が少し上のZenfone3Laserよりも快適に動くようです。

バッテリーは3,000mAhと平均的。で、そこそこ使ってる子供に聞くと1日は余裕でもつとのこと!

適度な性能がバッテリー消費を抑えてくれるようです。

 

ということで2万円前半という価格を考えるとかなりお買い得なHUWEI nova lite でした。

品薄中・・・イオンで購入できた!

Amazonで購入しようと検索したけど在庫なしばかり(^^ゞ

そんな時に穴場となるのがイオンです! ボクもイオンモバイルの売り場で発見して購入しました!

もちろんイオンモバイルのSIMを使って無くても普通に購入できますよ。一括で買ったので、分割ができるかどうかはわかりませんが。

ちなみにここ最近はnova liteばかり売れてるらしく(その前はHUWEI P9liteがよくでてたとか)、すでにホワイトは売り切れてました。

ぼちぼちAmazonにも再出展されてくると思うけど、無い時は近くのイオン(イオンモバイルのあるお店)に行ってみると発見できるかもしれませんよ(^^)v

 

2017年4月1日、AmazonではSIMカードとのセットで販売されてますね。価格はボクがイオンで買ったのと同じくらいの値段です。SIMカードは到着後に申し込みしなくてもいいようなのでこれを購入するのも良いですね(SIMについては自己責任で)。

 

コメント