2,000円代で買える 超タフなミニドローン

スポンサーリンク
スポンサーリンク

201703032205361大流行しているドローンを買っちゃいました(^^) と言ってもファントム4みたいな本格的なのじゃなくて2,000円代の格安ミニドローン『JJRC H36』です。

このミニドローンがめちゃくちゃ楽しくて、さらに何度も落とすのに壊れずに飛んでくれるよくできたドローンでした! ということで紹介します。

※Amazonでは『GoolRC 抗衝突 ミニドローン』となってますが、届いたパッケージには『JJRC H36』と書かれてます。OEMなのか? 完全コピー品なのか? よくわからないですが普通に使えるので問題無しです(笑)



スポンサーリンク

手のひらサイズのミニドローン

実物はこれ。

H36 ミニドローン JJRC

ミニドローンの名前通り、手のひらに乗るサイズです。重量は16.8gしかないので、もちろん200g以上というドローン規制にも引っかかりません(^^)v

付属品&バッテリー

Amazonで注文したら2日で到着。前述したようにパッケージは『JJRC H36』です。

H36 ミニドローン JJRC GoolRC

H36 ミニドローン JJRC GoolRC

本体とプロポ(送信機)がコンパクトに、でも傷つきにくい感じでパッケージされてます。

P_20170228_205119

同封されているのは予備のプロペラが4枚、充電用ケーブル。

H36 ミニドローン JJRC GoolRC

バッテリーは本体にセットされてます。ボクのはある程度充電されてましたが、一度フル充電して飛ばした方が良いと思います。

H36 ミニドローン JJRC GoolRC

付属してるのはUSBで接続する充電器だけなので、コンセントから充電するにはUSB充電器が必要です。スマホ用に持っている人も多いのでは? ボクはiPhone用で充電してます。

持ってない人はミニドローンと一緒に購入すると良いですよ。もうひとつ、プロポ用の電池(単4電池×2本)も付属してないので、手持ちがない人はAmazonでまとめて購入しましょう(^^)

充電が完了したらUSB端子部分が赤く点灯します。だいたい40分ぐらいで充電できますよ。

ちなみに説明書は英語&中国語(^^ゞ これはちょっと不親切ですね。日本語の説明書をサイトにでもアップしてくれると良いんですが・・・。この点だけはちょっと不満かな



スポンサーリンク

操作方法

まず本体ですが電源ボタンはありません。バッテリーをつないだら電源ONというシンプル設計です。◯がバッテリーを繋ぐ部分。かなり小さいのでちょっと刺しづらくて、かなり抜きづらいです。

H36 ミニドローン JJRC GoolRC

接続できたら本体のLED(赤と青)が点滅します。これで準備完了。

 

操作はプロポ(送信機)で行います。

H36 ミニドローン JJRC GoolRC 操作

主な機能はこんな感じ。細かい設定もできるみたいですが、最初はそんなの使いこなす余裕は無いので(笑)

ジャイロのリセット方法

あと、覚えておくと便利なのが『リセット方法』。

落下させたりするとまっすぐ上に飛ばずに前後左右どちらかに勝手に進むようになることがあります。

たぶん内蔵されてるジャイロ(6軸)が狂って水平を保てなくなってるんだと思うんですが、こうなるとうまく飛ばせなくなります。

でも大丈夫!

まず水平な場所にH36を置いて、以下のようにレバーを入れるとジャイロが水平姿勢を保つようになります。

《レバーの動かし方》

左右のレバーを「下」にして、そこから右のレバーを「左」に動かします。本体のLEDが点滅したらリセット完了。

注意するのは必ず機体を水平な場所に置いてからセットすること。機体が傾いたままこの動作をすると、傾いたままジャイロがセットされて余計にまっすぐ飛ばなくなりますよ(^^ゞ

落としたりしてまっすぐ上に飛ばなくなった時はこまめにこのレバー操作をするといいですよ(^^)

動画では何度もやってますが1回やれば完了です! 点滅も1度すればOKですよ(^^)

いよいよ飛行開始

プロポの電源を入れたら左のレバーを一度上にあげて下へ。これで本体のLED点滅が点灯に変わったら飛行準備完了!

左レバーをゆっくり上に上げていくとプロペラが回転をはじめ、やがて浮き上がります。

最初は思った高さでホバリングするのが難しくて天井にぶつけたり、焦って回転下げすぎて床に落下したりを繰り返しましたが、何回か飛ばしているとゆっくり操作するのに慣れてきますよ。

ミニドローン H36 JJRC GoolRC

このミニドローンH36の特徴となってるプロペラの周りのガード。これのおかげでぶつけたり落としてもプロペラはなかなか壊れません(ボクはまだ壊してないです)。

あとは少しずつ前後左右の動かしていくと楽しさ倍増。

飛行時間はカタログ数値で8分ほど。実際それに近いぐらい飛ばせますよ。ただ充電時間が40分ほどかかるので、予備バッテリーが欲しくなってるところです。

ただ機首が自分の方を向いていると前後左右が反対になるので慣れるまではちょっと悩むかも。機首がどっちを向いていてもレバーを入れた方向に動く「ヘッドレスモード」をオンにしてもいいかもです。

ボクは車のRCやってたのでヘッドレスモードにすると余計に悩みますが(苦笑)

リターンも覚えておくと外で飛ばした時に飛んでいって行方不明になる確率が減るかもしれませんよ。部屋だと落としたら良いだけですが。

とにかく楽しいミニドローン。2,000円台とお買い得なのでドローンの入門用にいかがですか?

コメント

  1. らあ より:

    ジャイロのリセット方法がわからず、
    調べていたらこの記事にたどりつきました。
    わかりやすくて助かりました!
    まだぜんぜん上手に飛ばせませんが、
    がんばって練習したいと思います^^

    • tamayaku より:

      らあさん お役に立ててよかったです(^^)
      あの操作はリセットというか、あれをやった時の機体状態を水平と記憶するみたいです。
      なので機体が斜めのところでやってしまうと余計にズレてしまいます。
      ぶつけてもなかなか壊れないドローンなので、がんばって練習してください(*^^*)