WordPress テンプレートを使って楽々投稿♪ TinyMCE Templates

スポンサーリンク
スポンサーリンク

WordPress テンプレート プラグイン

テンプレートで楽々投稿 WordPress

WordPressで投稿する時、いつも同じ場所に載せるものありませんか?

見出しだったり、Google Adsenseのタグだったり、アフィリエイトタグだったり、画像だったり。毎回打つの面倒くさいですよね?

HTMLが苦手で打つのに時間がかかる ってこともありますよね? これはボクだけかも(笑)

いつも使う見出だったり、タグだったり、HTMLが入ったテンプレートがあればいいのに・・・ と思っていたところ、

ついに手軽にテンプレートを作れるプラグインを見つけました!

それが

『TinyMCE Templates』です!

 

主な機能

・テンプレートを作成→登録

・新規投稿画面でボタン押すだけでテンプレートを挿入

 

TinyMCE Templatesをインストールしたら新規投稿画面に『テンプレートを挿入』のボタンが出てきて、ここを押すだけで登録しておいたテンプレートが投稿に挿入されます。

TinyMCE templates

 

[ad#ad-1]

インストール

ダッシュボード>プラグイン>新規追加

ここで「TinyMCE Templates」と検索。そこからインストールできます。

ダウンロードするならこちら

TinyMCE Templates
TinyMCE Template plugin will enable to use HTML template on WordPress Visual Editor.

wordpresstemplate001

インストールしたら有効化してください。

↓有効化済み

wordpresstemplate002

 

使い方 テンプレートの登録

有効化すると左のメニューに「テンプレート」の項目ができます。クリックすると「テンプレート」(登録済み)と「新規追加」が選べます。

最初はもちろん「新規追加」を選びましょう。

tinymce templates 使い方

 

ここでテンプレートを新規登録できます。

tinymce templates

これは通常の投稿画面の入力と同じですね(^^)

tinymce templates

大雑把に見本を作ってみました(^^ゞ こんな感じで見出しと本文を登録しておくだけでも、位置とか打ちやすいですよ。

完成したら「公開」ボタンを押すと登録完了!

 

同じ要領で複数のテンプレートを登録できるし、登録後も自由に編集できますよ。

 

使い方 投稿画面に挿入

ダッシュボード>投稿>新規追加で新規投稿画面へ

「テンプレートを挿入」ボタンがあることを確認しましょう!

wordpresstemplate007

「テンプレートを挿入」を押すとこのような画面が表示されます。ここでテンプレートを選択できます。

tinymce templates

そして挿入すると

TinyMCE templates

このようにテンプレートに登録したものが表示されました!

 

うまく使うとかなり省力化につながると思います。

ぜひ使ってみてくださいね(^^)

 

コメント